テレビで放映されました。

瀬田クリニック 横浜
現在、瀬田クリニックグループが提供している免疫細胞治療には、
治療に活用する細胞の種類や培養方法の違いにより下記4つの種類があります。
個々の患者さんの症状・状態や、現在受けられている治療との併用効果などを考慮して治療法を選択し、
患者さんお一人おひとりにとって最適な治療を提供します。

樹状細胞(Dendritic Cell=DC)とは、体内でがん細胞を直接攻撃するTリンパ球に、がんの目印(がん抗原)を教え、攻撃の指示を与える免疫細胞です。

樹状細胞に、がん細胞のタンパク質が取り込まれると、それが樹状細胞内で分解され、患者さんのがんの情報(抗原)として樹状細胞に記憶されます。すると樹状細胞は記憶した抗原を表面に目印として出します(抗原提示)。それを患者さんの体内に戻すことで、「目印」を頼りにがん細胞だけを集中的に攻撃するTリンパ球(細胞傷害性Tリンパ球)を効率よく誘導することができるのです。

こうした、がん攻撃の「司令塔」ともいえる樹状細胞を用いて、がんをより効率的に攻撃することを目的とする治療法を、樹状細胞ワクチン療法(DCワクチン療法)といいます。
(公式HPより一部引用)
※お役に立てる情報でありますように。

おすすめの記事