期間限定ですが、会員登録だけでまずは、300ポイント獲得をゲットして、お買い物ができます。
PCサイトからのご登録「GPT.JP」   携帯・スマートフォンサイトからのご登録「GPT.JP」
特定保健用食品・トクホ、栄養機能食品、コエンザイムCoQ10、蜂の子サプリメント
オメガ3クリルオイル、サメ軟骨、育毛剤、栄養機能食品アントロキノノール紅敏風などがお得な価格で

Archive for その他お薦め品

明日は爆弾低気圧がやってくる予報で通勤がヤバい!

この時期はお天気の変動がきつく、
何と!明日の天気予報で九州の西側から爆弾低気圧がやって来る予想。

そして、関東の南岸にも低気圧が発生し、これが徐々に北上し、
明後日にかけて、二つの低気圧が合体する見込みで、
それが超ヤバい予報(台風並み986ヘクトパスカルの予想)となる。
通勤や通学で影響が出る可能性が高いからご注意を・・・

寒いのでお体をご自愛くださいませ。

気になる本が出版されました「リウマチ関連」として

この本の目次として
第3章に
関節リウマチ、全身性エリテマトーデスを「4つの作用」で修正する天然成分・アントロキノノール
・自己免疫疾患への効果が期待され、抗がん剤から転用
・台湾の薬用キノコから抽出される希少成分
・1000kgの菌糸体からわずか1リットル(1㎏)。有効成分がぎっしり凝縮
・アントロキノノールエキスに含まれる有効成分
・医薬品にはないバランスの良さ
・免疫抑制剤とアントロキノノールの違い
・アントロキノノールの研究
・4つの作用①  アントロキノノールはタンパク質に作用し、炎症を止める
・4つの作用②  アントロキノノールは炎症性サイトカインの発生を阻止し、炎症を止める
・4つの作用③  アントロキノノールは抗酸化作用によって細胞を炎症から守る
・4つの作用④  アントロキノノールは制御性T細胞を活性化し、免疫の暴走を止める
・アントロキノノールは抗酸化作用によって細胞を炎症から守る
・アントロキノノールは制御性T細胞を活性化し、免疫の暴走を止める
・科学的根拠が明確な「アントロキノノノール・4つの作用」
・動物実験で明らかになったアントロキノノールの抗炎症作用
・ループス腎炎に対するアントロキノノールの改善効果
・ネフローゼ症候群に対するアントロキノノールの改善効果
・あらゆる段階で炎症を止め、免疫を調整する「アントロキノノノール・4つの作用」
======
◆監修者、著者略歴
◎監修者
前山和宏 (まえやま・かずひろ)
医師
1990年4月、日本大学医学部卒業。医師国家試験合格
1990年5月、財団法人天理よろづ相談所病院、総合診療教育部 研修医
1992年5月、国立東京第二病院 (現、東京医療センター) 総合診療科・消化器科 レジデント
1995年5月、特定医療法人 慈敬会 府中医王病院、内科・在宅医療部 医員
1998年5月、医療法人社団 同友会クリニック 院長
1999年5月、医療法人社団 東仁会 高尾駅前クリニック 院長
2004年4月、前山クリニック 院長
2010年4月、メディアートクリニック 院長
2012年4月、医療法人社団鳳龍会 メディアートクリニック 理事長・院長

総合科学出版社より出版しております。ご参考に

ペプチドとGタンパク受容体での創薬が

あまり勉強していないせいか、
ペプチドによる創薬とGタンパク受容体(GPCR)による創薬がだんだんごちゃ混ぜになる。

日本には「ペプチドリーム」という上場会社がある。

他にも、
「そーせいグループ」という上場会社もある。
こちらは、子会社で「ヘプタレス」という子会社で主にGPCR(Gタンパク受容体)による創薬。

面白いので是非ご検索ください。

GPCR創薬関連StaR®技術で

GPCR(Gタンパク質共役受容体)
「そーせい」は創薬ベンチャーから脱皮した。

10年ほど前に株式上場してから暫くはパイプラインの削除で株価低迷していたが、
すでに、COPDの薬(NVA237,QVA149)が世界で認可・販売開始しており、
一昨年に、
Heptares Therapeutics(ヘプタレス・セラピューティクス・「略称:Heptares社」)を買収し、
ここの「StaR®技術と構造ベース創薬」で世界の大手に「がん・癌」「アルツハイマー病、認知障害」などの薬になる化合物を導出している。
その契約料も半端なく、ロイヤリティーを含めれば総額約6,000億円とも言われており。
将来は日本を代表する薬メーカーになる可能性も出てきている。

個人的には、期待したいのものです。
※もちろん、株式投資は自己責任で・・・。

日本を代表する「ペプチドリーム」の快進撃

2018年7月20日
「ペプチドリーム社(コード番号:4587 東証一部上場)」発表
米国・ジェネンテック 社に対 する創薬開発プラットフォーム
PDPSの非独占的ライセンス許諾契約合意
ライセンス料・マイルストーン・上市後は、ロイヤルティ受領も見込まれる。

益々日本のペプチド製薬に関して、また一つ進歩したと言えよう!
PDPSとは、Peptide Discovery Platform System を言う。